現金化コラム

カード現金化で本人確認をする理由と方法

カード現金化で本人確認が必要な理由は?個人情報を教えても大丈夫?

初めてカード現金化をする時は、わからないことが多くて不安になる人もいます。

なかでも個人情報をあつかう本人確認で不安をぬぐいきれず、現金化をあきらめてしまう人も多いです。

カード現金化の本人確認でどんな書類を用意するのか、なぜ本人確認が必要なのかわかれば、不安も解消されるのではないでしょうか?

今回は初めて現金化する人がつまずきやすい、カード現金化の本人確認についてわかりやすく解説します。

現金化する時に本人確認が必要な理由

現金化する時に本人確認が必要な理由

カード現金化をする時は、どこの業者を利用しても最初に本人確認があります。

カード現金化には2つの方法がありますが、どちらの方法も本人確認を済まさなければ取引できません。

初心者
初心者

カード現金化ってクレジットカードで決済して現金を入金してもらうだけなのに、なんで本人確認がないとダメなの?

こんな風に疑問に思う人もいますよね?

本人確認が必要な理由は大きく2つあります。

  • 第三者の不正利用を防ぐため
  • 古物営業法で決まっているから

どうして本人確認をすると不正利用を防げるのか、古物営業法が決まっているからと言われてもピンと来ないでしょう。

この2点が具体的にどういうことなのか、どうしてカード現金化には本人確認が必要なのかをわかりやすく解説いたします。

第三者による不正利用を防ぐため

カード現金化をする際に本人確認が必要な1番の理由は、クレジットカードが第三者によって不正利用されるのを防ぐ役割を果たしています。

これは、カード現金化が基本的にメールと電話だけで完結する非対面式なので、本人確認が不要だと犯罪に利用される可能性が高いからです。

カード現金化は非対面式なので本人確認を行わなければ、盗まれたカードを利用されても業者は気づくことができず大きなトラブルになりかねません。

このような、トラブルに巻き込まれないためにもクレジットカード現金化では本人確認が徹底されているのです。

個人情報が必要で不安になるかもしれませんが、防犯と安全のためなので優良店であれば必ず本人確認があるものだと理解してください。

古物営業法で決まってるため

2つ目の理由は、品物を買取る場合は本人確認を徹底するように古物営業法で決まっているからです。

インターネット利用や、ファックス、電話による受付など、取引相手と対面しないで古物の買受け等を行う場合、相手が申し立てた住所、氏名等が真正なものであるか、「なりすまし」ではないか、確認する必要があります。
これを怠ると違反となり、処罰されることがありますし、盗品の処分先として利用された場合は、皆さん自身も損害を被ることがあります。
「免許証のコピーを送ってもらう」だけの方法は、不十分ですので注意してください。

大阪府警察-非対面取引における本人確認の方法

こちらの記事でも説明されているように、盗品が持ち込まれた場合に本人確認のフローがなければ犯人逮捕が難しくなるので犯罪を防ぐためにも厳しく取り決めがされているのです。

なので商品を金銭で買取する場合には必ず売りにきた人の本人確認を行わなければなりません。

店舗の中古買取で有名なブックオフやリサイクルショップでも、買取前には必ず身分証の確認が行われます。

犯罪を防止して安全にカード現金化をするためでもありますが、古物営業法は全国共通のルールなので本人確認は必ずあるものだと考えておきましょう。

カード現金化の本人確認に必要な書類

カード現金化の本人確認に必要な書類

クレジットカード現金化の本人確認では次のような書類が必要なので、事前に用意しておくとスムーズです。

本人確認の書類

  • 身分証明書(免許証・パスポートなど)
  • 健康保険証
  • 公共料金の明細書
  • クレジットカード

身分証明証には免許証やパスポートといった顔写真付きの身分証明書を求められることがほとんどです。

健康保険証などの顔写真付いていない身分証明書しか持っていない場合は、身分証の住所に届いた公共料金の明細書といった追加書類を求められるでしょう。

こういった書類は「不正利用を防ぐ・法律を守る」観点で必要になりますので事前にご用意ください。

それでは、具体的なクレジットカード現金化の本人確認の流れについてみていきましょう!

カード現金化の本人確認は具体的にどうやるの?

カード現金化の本人確認は具体的にどうやるの?

クレジットカード現金化の本人確認書類はわかったけど、具体的にどうやるの?

という方に向けて、クレジットカード現金化の本人確認の流れをご紹介します。

  • STEP.01電話にて簡単な本人確認
    電話後にメールで本人確認の案内が届くので内容を確認
  • STEP.02必要書類を撮影
    身分証・身分証を持った利用者の自撮りをメールで送信
  • STEP.03業者から再度電話
    写真や自撮り写真で本人確認ができたら業者から再度電話
  • STEP.04決済と入金
    カードで決済後に入金完了の連絡が入る

電話での簡単な本人確認

現金化における最初の本人確認は、申込み後の折り返し連絡で行われます。

最初の本人確認は、氏名と現金化を申し込んだかどうかの確認といった簡単なもので完了です。

現金化業者は基本的にメール申し込みが完了した順番に対応しているので、申し込みメールと上記の内容を照らし合わせて本人確認していきます。

この時に、利用する身分証が顔写真付きの物でない方は、代わりにどんな書類が必要か具体的な指示があるでしょう。

身分証と自撮りの写真を撮る

電話での簡単な本人確認が終わると、顔写真付きの身分証明書と自撮り写真をメールで送信するよう指示があります。

免許証利用者の身分証の写真
本人確認の自撮り写真顔の近くで身分証を持って自撮りした写真

「え?なんで自撮りまで必要なの?」

と思うかもしれませんが、先ほども触れた通り身分証を確認するだけでは利用者が身分証の本人かどうかの確認が取れませんよね。

そのため、身分証の写真と利用者が一致しているかを確認する必要があるのです。

また、自撮りのやり方はこんな感じで身分証と顔が写っていれば問題ありません。

身分証と自撮りの写真が本人確認の必要書類になります。

メールで本人確認書類を送付

あとは今までそろえた本人確認書類をすべてメールで送信するだけです。

メール送信する本人確認書類一覧

  • 身分証明書
  • 身分証と自撮り
  • クレジットカード

ここで、クレジットカードの写真を送信するのは不安とお考えになる方がほとんどでしょう。

しかしネット通販を利用した経験がある方は、カード決済時にカード番号や有効期限、セキュリティコードを入力したことがあるのではないでしょうか?

カードの現物があれば決済端末に差し込むだけで決済は完了しますが、データのみで決済する時はカードの情報が必要になるのです。

あまり知られていませんが、クレジットカードの不正利用や情報漏洩があると店舗側に大きな損害が降りかかります。

  • 信頼を失い利用者が居なくなる
  • 不正利用された金額は店側が負担

現金化業者はこのリスクを冒してまで利用者のカードを不正利用するメリットがないのです。

本人確認に必要な書類を送った後は業者によって多少異なりますが、基本的に入金を待つだけで手続きは完了し現金を手にできます。

カード現金化の本人確認は、必要な理由や手順さえわかってしまえばとても簡単ですね!

カード現金化の本人確認で気をつけるべき3つの注意点

カード現金化の本人確認で気をつけるべき3つの注意点

前の章では、カード現金化で本人確認をする時に必要な書類を説明致しました。

本人確認・電話・メールだけで簡単に即日入金をしてもらえる便利なカード現金化ですが、デメリットはないのでしょうか?

調べたところデメリットはありませんが、カード現金化の本人確認には3点注意して欲しいことがあるので確認してみましょう。

現金化に関係ない情報は渡さない

現金化の本人確認はどんな業者でも必要ですが、中には必要以上に個人情報を求められるケースが存在します。

カード現金化に本来必要ない情報とは、どんな情報なのでしょうか?

カード現金化に不要な情報
  • マイナンバー
  • 銀行口座の暗証番号
  • 年収
  • 実家の住所と電話番号
  • 職場の住所

以上のような情報は基本的に提出する必要はありません。

ショッピング枠でカードを現金にする時、支払いはカード会社にするので現金化業者が利用者の返済能力を考える必要はないです。

それなのに利用者のマイナンバーや年収、職場や実家を知る必要はどこにもありませんよね。

つまり必要ない個人情報を求めてきたら悪質業者である可能性が高いので気をつけてください。

本人確認しない業者に要注意

個人情報を必要以上に求める業者も危険ですが、本人確認を一切しない現金化業者はもっと危険です。

現金化の優良店は利用者の信頼を大切にするので、自社でトラブルや不正利用が起こらないように細心の注意を払うものです。

例えば、同じ古物免許が必要なリサイクルショップで本人確認をせずに商品を買取って貰うことは不可能です。

本人確認を怠れば違反となり、処罰されることがあるのになぜ本人確認を必要としないのでしょうか?

それは、本人確認の処罰を受けても受けなくても変わらないような法律に違反したサービスを提供している可能性があります。

つまり、詐欺の可能性です。

悪徳業者はトラブルが起きてもすぐに姿を消す準備ができているので、確信犯で犯罪行為を見逃しています。

本人確認をしない現金化業者は悪質業者の可能性が非常に高いので、絶対に利用しないようにしましょう。

本人確認だけが優良店の証ではない

ひとつ前の記事で本人確認のない業者は危険だと言いましたが、だからと言って本人確認があればどこでも優良店とは限りません。

悪質業者と言っても換金率が異様に低い業者からクレジットカードの決済可能額の全てを使い切って姿を消す犯罪組織まで様々です。

なので、本人確認のあるなしだけに限らず、利用者からの評価が高い業者を利用するようにしてください。

本人確認がある優良店を選んで安全に現金化しよう!

本人確認がある優良店を選んで安全に現金化しよう!
いかがでしたか?

カード現金をする時に本人確認が必要な理由や、用意する書類の内容、注意点を紹介しました。

本人確認が必要な理由・第三者の不正利用を防ぐため
・古物営業法決まっているから
本人確認に必要な書類・顔写真付きの身分証
・身分証と一緒に撮影した自撮り
・顔写真がない身分証の時は公共郵便物
本人確認の流れ・電話で名前と現金化の意思を確認
・身分証と自撮りを写真で撮る
・撮影した写真をメールで送付
本人確認の注意点・必要以上に情報を渡さない
・本人確認しない業者を利用しない
・本人確認があっても優良店とは限らない

本人確認が必要な1番の理由は、第三者の不正利用を防ぐためで安全に利用するために必要だとわかりましたね。

本人確認に必要な書類は、顔写真付きの身分証身分証を持った状況で撮影した自撮り写真の2点が必要です。

もし顔写真のない身分証を使う時は、公的郵便物を追加すれば証明になることもあるので、事前に業者に確認してみましょう。

カード現金化業者を利用して本人確認がない場合は、逆に犯罪を見逃す悪質業者の可能性が高いので、利用しないように注意してください。

とはいえ本人確認があれば全ての業者が優良店ではないので、悪質業者の被害者にならない為にも、評価が高い優良店を利用しましょう。

もし業者選びに悩んでいたら、当サイトで紹介しているオススメ優良店ランキングの業者を利用すれば安全で満足のいく取引ができます。

カード現金化をするときは本人確認のある安全な優良店で取引しましょう!